CI/VI FACTORY

CI・VIの意義

CI(コーポレート・アイデンティティー)、VI(ビジュアル・アイデンティティー)は、それぞれ会社やお店、そのブランドにとって最も大切なものです。これらは経営理念、コーポレートロゴやイメージカラーなどに代表されますが、他にも書体やスペースの取り方、写真やイラストの雰囲気など、そのデザイン対象は多岐に渡ります。

ただ、一般的にその価値は十分には認識されておらず、言葉さえ知らないケース、また知っていても「大手企業だけのものでは」と誤解されるケースも少なくありません。

企業活動や事業の根幹にある想いやコンセプト、概念などはもちろんその企業やブランド自体から発せられるものですが、それらをステークホルダーや一般社会へ、意味や価値を分かりやすく伝えていくことは決して容易ではありません。

だからこそ、ブランディングやそのデザインを専門とする会社の存在が重要であり、私たちも熊本では数少ない、ブランディング・CI・VIの構築からしっかりとサポートをさせていただくことをモットーとする会社です。

ブランディングをする、CI・VIを構築・デザインしていくことは、時間も労力もかかります。企業の根幹を作る作業なのでこれは当然のことですが、逆にここさえ固まってしまうと、周囲へのイメージ伝達の速度・精度が飛躍的に高まります。

企業イメージの軸が定まるので、以後のクリエイティブ制作がブレが少なく、スムーズで効率的なものになります。社内でのイメージや意識統一が図られモチベーションや仕事効率アップにも繋がります。結果、商品やサービス自体の価値・イメージの向上、販売促進にも大いに繋がり、最終的に企業の売上・利益拡大にも莫大な恩恵をもたらします。これは、これまでの企業やブランドが証明している、紛れもない事実です。

Google、Amazon、Apple、NIKE、…トヨタ、メルセデスベンツ、味の素…皆さん誰もが思いつく様な大手有名企業・ブランドを思い浮かべた時、そのキャッチフレーズやロゴ、カラーなど、CI・VIの強力なイメージは必ず付随するものかと思います。逆に名前はよく出てくるけど、ロゴイメージ等が湧かないところはCI・VIのブランディングがまだ上手くいっていないのかもしれません。

私たちはこのCI・VIを、お客様の声や要望・想いなどを十分にヒアリングし、議論を重ねながら納得のいく形を導き出すサポートをしております。

Yellow Joke 名刺・封筒

サービス概要(内容・フロー)

Contact 問合・応対

まずはお気軽にお問合せください。

❷Meeting 提案・商談

お客様からイメージや要望のヒアリングを行い、ぞれらに応じたCI・VIの方向性やデザインイメージのサンプルなどをご提案。

基本的なヒアリング・打ち合わせなどは無料にて行っております。

❸Contract 契約・実施

内容・予算ともに合意したところで契約を行ない、実際の施策・案件をお客様と共に進行していきます。(費用目安10万円〜、取り組む内容やボリュームによって異なります)

CI・VIやの内容やデザインイメージを詰めていき、詳しく内容を打合せして、細かく調整・検討をしていきます。

④Follow フォロー

定期的なミーティングなどで、運用状況や課題の洗い出し、活用施策などを話し合い、適宜スムーズに進行できる為のフォローを行っていきます。

その後のツールへの活用(WEB・SNSや紙媒体、グッズ、制服など)なども引き続きサポートも可能です。